人工知能・AIに仕事が奪われる?なくなる職業に気付いた時の対応とは?

 

「大規模なリストラの影響で早期退職の年齢が低くなっている」などの理由から、一企業に働き続けるのが難しい世の中になってきました。

 

また、高度経済成長期の日本は「作れば売れる」といった大量生産型の「ものづくり大国」のイメージだったのですが、つくりすぎて売れ残りが多くなってしまったため「安くしないと売れない」といった時代になってしまいました。

 

しかも、職場の自動化が進むにつれて一企業では個人の質が問われているため、決められた労働力に価値を提供し続けなければなりません。

 

「単純作業」といった繰り返しの業務を、一定の時間で作業している場合のほとんどは、給与的に見て時間給での対価が支払われています。

 

時間による拘束された労働だと、自分自身の時間が奪われるといった生産性しか価値を出せないため、あまり効率がよくないということです。

 

さらに、景気が後退していき、収入が安定しなくて今の仕事が「人工知能によって突然仕事がなくなってしまう」ということがあるかと思います。

 

ここで「人間でなくてはできないであろう」という観点からヒントを出していきたいと思います。

 

実際、まだ自分の職場が機械による自動化がされていない場合、自分自身に少しでもスキルがあるならば、社内のお役立ちツールを開発してみるのもよろしいかと思います。

 

また、「開発者になるにはどのような方法があるのか」という疑問に対しては、人工知能を開発することやメンテナンスをする側といったITエンジニアを目指してみるとよろしいかと思います。

 

そのためにはまずプログラミングの知識を習得することが基本とされます。

 

仕組みを知ることで自分自身で開発するといったことにより生産者側に立つことができるということです。

 

人工知能の存在によってなくなっていく職業が増えていき、また新しい職業が生み出されるというこのなので、先が読めない時代ではあります。

 

現在「ITエンジニアが不足」しているということなので、プログラミングを習得しておくことは、「一つのチャンスをつかむきっかけになる」ということです。

 

キカガク kikagaku セミナー 評判 無料 講座

 

Python Start Lab スタートラボ 評判

 

LESALTO リザルト プログラミング 評判

 

テックガーデンスクール 評判

 

studio US スタジオアス 動画 評判